車 下取り

車の買い替えを考えているあなた!そのまま下取りに出そうと考えていませんか?損しちゃいますよ〜

自動車取得税

車の税金にはどのような種類があるのかということを気になっている人は多いと思います。 車の税金にはいくつかの種類があるのですが、今回はその中の一つの自動車取得税について紹介したいと思います。

自動車取得税というのは車を購入するときにかかってくる税金のことです。 新車中古車関係なくこの税金はかかってくるというのが特徴になっています。 ではこの自動車取得税というのはどのくらいかかるものなのでしょうか。 自動車取得税はメーカーが出している価格90%に対して5%軽自動車の場合は3%かかってくるというのが特徴になっています。

これはオプションなどを含めた価格の場合も同じなので、車を購入するときにはオプションは別に購入した方が安く購入することができると言うことになります。 中古車の場合でもこの税金はかかってきて基準は残価率というもので決まっているのです。 このように車には購入時に取得税というものがかかると言うことを憶えておく必要があります。 車の価格を見てすぐ購入を考えるのではなく最終的な価格がどのようなものになるかというのをしっかりと確認してから車を選ぶようにしましょう。 これ以外にも税金はいくつかあるので、そちらもしっかりと憶えておくといいでしょう。

車の下取りや買取りの基礎知識

車の下取りや買取りが決まったら

車の査定が決まったら

車の査定が始まったら

車の下取りが終わったら

車にかかる税金

オークションについて

人気の軽自動車

Copyright(C) 2012 車を下取りに出す前に〜愛車を高く売る方法 All Rights Reserved.