車 下取り

車の買い替えを考えているあなた!そのまま下取りに出そうと考えていませんか?損しちゃいますよ〜

取得税がなくなることのデメリット

自動車取得税が2014年度に廃止される場合があります。これは、自動車ユーザーにとっては良い報告と言っても良いでしょう。しかし、その分デメリットが存在しますので注意してくださいね。

自動車取得税は、2014年度に廃止を主張されています。これにより、重税になっていた自動車取得税が無くなり一部ユーザーに取っては良いことでしょう。ただ、その分絶対にしわ寄せが来るのです。そのしわ寄せが来るのが消費税ですね。自動車取得税が廃止されることで、消費税が8%に引き上げされるのです。消費税は、皆さん知っての通り、商品にかかる税ですね。これが高くなることで支払いが若干つらくなるでしょう。このようになってしまうので、必ずしも自動車取得税が廃止されることが良いとは言えなくなりました。

それに、自動車取得税を課せられているユーザーならいざ知らず、自動車を持っていない人やせっかく非課税になったのにと言う人にとってはあまりにも悲惨な状態になるでしょう。だから、人によってはデメリットにしかならないのです。 このように、必ずしも自動車取得税の廃止が喜ばしいとはいえません。中には、それで苦労する人が居るので注意してくださいね。特に、自動車を持っていない人は注意しましょう。ですが、高級な自動車を購入しても問題なくなったのは良いことかもしれませんね。

車の下取りや買取りの基礎知識

車の下取りや買取りが決まったら

車の査定が決まったら

車の査定が始まったら

車の下取りが終わったら

車にかかる税金

オークションについて

人気の軽自動車

Copyright(C) 2012 車を下取りに出す前に〜愛車を高く売る方法 All Rights Reserved.